ATLについて

ATL(Audio Technology Localization)は、プロサウンド/オーディオ業界の企業の世界市場におけるシェア拡大、海外の顧客基盤の拡大、世界中の地域市場への参入を実現します。

プロサウンドハードウェアとソフトウェアのメーカーとユーザーだけを念頭に置き、これらの製品の実際のユーザーにより設立されたATLは、サウンドの世界に翻訳とコンテンツ管理のソリューションを提供します。

ユーザーの利益となり、ユーザーの期待とニーズに応えるATLの言語およびテクニカルサービスをご利用いただくことにより、世界各国のオーディオ製品ブランドは、その地理的勢力を拡大し、よりすばやく効率的に収益を増やすことができます。

IT/ネットワーク、オーディオ/ビデオ/写真、通信/モバイル、エレクトロニクス、マルチメディア/ゲーム/エンターテインメント分野の一流グローバル企業が利用しているCONTRADの経験と専門知識に、プロオーディオ機器とサウンド&オーディオテクノロジーに対する情熱を加えて、ATLは、サウンド/オーディオ業界のニーズに焦点を合わせ、一般の翻訳会社では不可能な業界専門のサービスを提供します。

サウンドエンジニアリングをこよなく愛するミュージシャンであり、翻訳業界のベテランでもあるMarek Makosiejが設立したATL(Audio Technology Localization)は、プロサウンド/オーディオメーカーのニーズと従来の翻訳業界のサービスとのギャップを埋め、各地域の顧客の要望に応えることにより、メーカーの世界進出への扉を開きます。 つまるところ重要なのは、エンドユーザーの満足度(そしてリピーターを獲得すること)なのです。