翻訳とローカリゼーション

企業が国内市場だけで製品を販売していれば、いずれは売上の限界に到達します。 新規顧客を獲得するためには、世界に新たな地域市場を開拓しなければならなくなるでしょう。 目的に応じて、その対象は、国、地域、あるいは全世界となります。

世界進出計画の実行の瞬間から、翻訳とローカリゼーションは、新規ユーザー獲得に欠かせないツールとなります。 潜在顧客の70%が母語でのメッセージを期待しているとの調査データがあります。 母語でない場合、60%が製品を購入しないと回答しています。 そして、欲求を満たす競合他社の製品を購入するのです。

製品のウェブサイト翻訳や、DAWやプラグインのローカリゼーションも、マーケットシェアを獲得する最も費用対効果の高いマーケティング手段のひとつです。 翻訳、ローカリゼーション、通訳、グローバル化、国際化のベストプラクティスを専門とする米国拠点の独立系市場調査会社Common Sense Advisoryによると、国際消費者の72.1%がネット上でのほとんどまたはすべての時間を母語のウェブサイト上で過ごしています。

市場に参入したばかりの企業も、別地域への市場拡大を検討している企業も、ATLの翻訳とローカリゼーションサービスを利用すれば、そのメッセージとコンテンツをターゲット文化に適応させ、新規顧客を獲得し、既存の顧客をつなぎとめることができます。また潜在的な問題の表面化を防ぐことにより、製品化をスピードアップし、収益を最大化し、顧客満足度を高めることができます。